箪笥中

阿部零時さんの箪笥の中は結構混沌としております。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
USBラジオカセットレコーダー RCS-U500K-S を買ったよ。
青春マイグレーションします。

のっけから何かと思えば、これは俺の造語です。(記事作成時点でGoogle検索は自分の1件だけ)
マイグレーションは移行とか移行に関する変換とかそういう意味。
さてこの言葉はなんで出来たか、それはこれを読めば分かります。(偉そう)

うちには小学生の頃からちょいちょい録音して貯めてたカセットテープがあって、これがちょっと悩む存在で。
当時のラジオを録音したはずのものが多いので捨てられない。けど要らないのもある。

要らないかどうか判断して捨てるにはカセットプレイヤーが必要。でも使えるのがない。
ウォークマンは壊れてた。さて困った。

ということで購入したのが、これ。



オーム電機 USBラジオカセットレコーダー RCS-U500K-S。
カセットテープを再生しながらUSBメモリにmp3形式で保存出来るスグレモノ。
多分これでカセットテープの大半を捨てられるんじゃないかな。データがまとめて吹っ飛んだら泣けるけど。

本体は¥3,000しなかったけど業者に頼むと1本600円とか1,000円とかするらしい。じゃあ自分でやります。
90年代のアニラジとか是非とも変換しておきたい次第。

実は以前にUSB接続のカセットプレイヤーを買ったけど、ノイズが酷くて使い物にならなかったので半信半疑しつつ期待しつつ。

で、試してみたところ、かなり良好。
テープ入れる ⇒ USBメモリ刺す ⇒ ボタンをいくつか押す ⇒ 録音
イエス手軽。しかも録音中に余計な音も入らない。

なので、もう2,3回試して問題なかったらガツンガツンカセットテープをデータ化したいところ。

こういう風に若い頃に保存したレガシーメディアをなんとか変換するような行為を「青春マイグレーション」と呼んでいきたい次第。
理想は現行規格から数世代飛んでると良い。ニュアンスだけなので、定義はまだちゃんと決めてないけど。
スポンサーサイト
- | 00:01 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。